• オンライン予約はこちら
  • 〒465-0028 愛知県名古屋市名東区猪高台2-601
    いだかテニス(内)

×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  サポーター»  足首の構造とケガ

足首の構造とケガ

足首の構造とケガ

大ケガにもつながる足首のネンザ
ankle_in_18k ■足首の障害の80%を占める内反ネンザ
足首の傷害の中で約80%を占めると言われているのが内反
ネンザです。その大きな要因として、

  1.関節の構造
  2.足首外側の靭帯の配置   の2つが挙げられます。

これらは筋力トレーニングなどのコンディショニングでは補う
こ とはできません。
頻繁に起こる内反ネンザを予防するためにケアが必要となり
ます。
 
ankle_out_20k ■骨折などの重大な傷害を伴う外反ネンザ
内反ネンザとは逆に、外反ネンザの起こる頻度は相対的に
少ないと言えます。

しかし、一度発生すると脛骨の剥離(はくり)骨折や、腓骨の
骨折といった重大な障害を引き起こす場合が多く、運動復帰
までに長い期間が必要となります。

内反ネンザと共に、外反ネンザに対しても十分なケアが必要
です。

サポーター

 

CONTENTS

CALENDER